コロナ感染対策アップデート

 

曾おじいちゃんと、曾おばあちゃん、おじいちゃんに、おばあちゃん、
お父さん、お母さん、それから子どもさんまで、
ご家族4世代、みんなが通える、
地域に密着した「かかりつけ医」として、
皆さまの健康をお守りするべく全力を尽くしてまいりますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。

このホームページの文中のイラストは全て院長の森史郎が描いたものです。

5月予定表

5月のカレンダーを更新しましたのでご確認ください。

5月 春真っ盛りですが

新型コロナウイルス感染症終息の予想もつかず、いよいよ全国的「緊急事態宣言」の延長が決まりました。季節は春真っ盛りで絶好の行楽日和ではありますが、全世界が自粛している今、当然我々の自粛も仕方の無い事でしょうが、現在、世界各国からCOVID-19のデーターやその解析が集まり、少しづつではありますが、その正体やら対処方法が考えられつつあります。現時点ではこれといった治療法も確立しておらず、感染拡大の阻止と予防が最大の処置とされておりますので、皆様ご自身がうつされないという意識と共に、ご存知とは思われますが無症状又は発症前の感染者が多いこの病気ですから、ご自分が感染者と考え、これ以上感染を拡大させぬよう慎重に行動する事が大事と考えます。

それでは今月も頑張っていきましょう。

コロナ感染対策 その2

森医院では、コロナ感染拡大に伴い、コロナ感染対策のご協力をお願いしております。

問診の際に使用する体温計ボールペンなど、ご自身で準備可能な方はご持参ください。

また、当院で提供しております新聞・雑誌・絵本・おもちゃなどの使用を控えていただくことになりました。

子どもさんが来院される場合など、必要な場合はご持参いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けまして、

患者さんの不安を少しでも取り除く為、

森医院では外来受診を下記の様にお願いすることになりました。

 

37.5℃以上の発熱のある患者さんは、

他の患者さんとの接触を極力避けるために、

できる限り11時~12時までの間に受診してください。

来院後は駐車場車内から電話で受付を行なってください。

0877−63−1500

 

予防接種で来院される方につきましては、

来院後の受付・問診・処置・会計は別室で行なっております。

 

 

 

4月(卯月)であります。

4月は、新年度または新学期の時期であり、学校・官公庁・会社などでは入学式や入社式が行われ、前月の3月と同様に慌しくなる月でありますが、それよりも慌ただしいのは憎っくき「新型コロナウィルス感染症」であります。今回のイラストは「打倒! コロナウイルス」でありますが、オリンピックも延期となり、この世界的パンデミックがいつになったら終息を迎えるのか?は、全くもって 検討もつきません。今回、この新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関しまして、今わかっている色々な事や大事な注意点を簡単にお話しいたします。このウィルスは呼吸器系の感染が主体で特に肺炎になり易く、現時点で潜伏期間は 1〜14日(一般的には約5日)とされており、致死率、病原性はMERSやSARSより低いが感染力が強い。飛沫接触感染が主でありますから、「換気の悪い密閉空間」、「多くの人の密集」、「近距離での会話」の3つの条件が重なる場を避ける事が重要です。また、最初に感染拡大が見られた北海道の反省から、西浦北大教授は「以前より深刻な状態の今こそ、イベント自粛とハイリスク空間回避が必要。4月からの新学期等の解禁ムードが広がり、行動がいつも通りに戻ってしまうと大変危険」と申しております。とにかく、新型コロナウイルス感染症については、地域での感染状況やそのリスクを把握し、的確な情報の提供、 社会的距離確保(ソーシャルディスタンシング)の要請、クラスター(患者間の関連が認められた集団)の発生封じこめ等の蔓延対策を講じることで、爆発的な感染拡大(オーバーシュート)を防止し、感染者、重症者及び死亡者の発生を最小限に食い止めることが重要です。最近では経路不明の感染者を対象に行動歴を分析したところ、夜のクラブやバーなどで患者集団が形成された可能性があるとの見解を示しました。過度の行動制限や都市封鎖などで見込まれる経済的ダメージが起こらないように、50人以上の大規模イベントへの参加をやめ、2次感染が何度か発生した3条件の重なる場所(例えばスポーツジム、ライブハウス、展示商談会、接待飲食など)およびその他の機会(懇親会など)の接触を控えることが必要かと考えます。

それでは今月も頑張っていきましょう!!

 

4月予定表

4月のカレンダーを更新しましたのでご確認ください。

 

 

__