ネズミの大冒険シリーズ

外来の本棚に新しい書籍が入りました。

子供達が夢中になる絵本ですが、ドイツ生まれのイラストレーターの描く素晴らしいイラストレーションに大人も魅了される絵本です。

お願い

100かいだてのいえシリーズ

そういえば…外来の本棚に新しい書籍が入りました。

以前からあった100かいだてのいえシリーズでしたが、好評のため本の外装がボロボロになってしまいましたので今回新しく4冊を補充しました。

このシリーズはイラストだけを何時間でも眺めていられるほど楽しい内容が盛りだくさん!

全100階を細かく描いているのが見ていて飽きません。

桃の香りの3月です。

 

今回のイラストは、もう何回も登場済みの「ひな祭り」です。特にヒネリ(マスクは掛けさせてもらいました)はございませんが、微妙に絵のタッチは変わってきております。

そんな事より今は「新型コロナウィルス(COVID-19)肺炎」が世界を揺るがす大問題となっております。感冒様症状が1週間ほどだらだら続き、かつ倦怠感が強い事がこの疾患の特徴の一つと言われておりますが、初期には一般感染症となんら見分けがつきません。新型コロナウイルスの感染力は季節性インフルエンザウイルスよりも高く、発症から約3日までの間のウイルス排出量が多いというデータがあります。そのため、初期段階での隔離が困難であり、感染の拡大を防ぐことが難しいので特に注意が必要だという事です。これまでは、海外渡航できる気力・体力のある比較的若い人が感染していましたが、ヒトーヒト感染が明らかとなり高齢者にも広がってきている今、新規患者がどこでどのように現れるかを丹念に追い、適切に感染防止を行い、治療を行っていくことが重要となります。予防として「マスク」「手洗い」などがありますが、「普通のマスクの装着ではウィルスの予防は出来ない」これは周知の事実です。しかし、直接「せき」「くしゃみ」で飛沫拡散するのを防ぐという意味では、感染拡大の予防の効果はあると考えられます。それよりは効果的なのが「手洗い」で、流水による手洗いの効果はかなり認められております。

それでは今月も、くれぐれもお気をつけて頑張っていきましょう。

3月予定表

3月のカレンダーを更新しましたのでご確認ください。

 

 

 

__

本日当番医です

本日2月11日火曜日は当番医ですので診療しております。

診療時間が通常とは異なりますのでお気をつけください。

午前9時〜12時・午後3時〜5時

今年は4年に一度のうるう年(4の倍数の年)でありますから、平年より今月は1日多いのであります。太陽暦では、地球は太陽の周りを約365日周期で公転するとしていますが、実際には約365.24219日なので、1年で大体0.24219日のズレを生じます。そして、4年経つとこのズレは約1日分になるので、これをうるう年として1日追加することで調整しているのです。しかし、これでもまだ多少のズレは残りますので、例外として100の倍数になる年の中で400で割り切れない年(例えば2100年2200年)は平年としてさらに微調整する訳であります。今年は366日もある長い一年となりますが、それを得と感じるか? 損と感じるか? は人によって異なるのでしょうが、出来れば得と思って過ごしていきたいと私は考えております。

話は変わりますが、最近の異常気象これはちょっと尋常ではありませんね!! オーストラリアの山火事、カナダの大寒波、雪の少なさ、大雨洪水、地球は怒ってますね、絶対!!  本気で環境対策(地球温暖化)を考えないといけない気がしてまいりました。また最近、これは異常気象とは直接関係があるとは思えませんが「新型コロナウイルス肺炎」が中国で発生、その後数カ国での発症が確認されております。一般的に言う「コロナウイルス」は冬型風邪の原因ウイルスでありますが、その種類の中には、過去に発生して大問題となった、中東呼吸器症候群「MERS」、重症急性呼吸器症候群「SARS」も含まれますが、今回のウイルスはこれとはまた異なった新型で、重症度も高く、かなり注意が必要と考えます。潜伏期間は現在のところ14日程度と考えられており、発熱、咳が主な症状ですが、これでは普通の風邪やインフルエンザと区別がつかない事や直接ウイルスをやっつける薬もありませんのでちょっと厄介です。

それでは皆様今月も各々でご自愛し、頑張っていきましょう!!!!!!!!!