Archive for the ‘イラスト’ Category

今回のイラストは、トナカイに乗り遅れたサンタという事で・・・・・・・今年も最後を飾るサンタクロースおじさんの登場です。過去何回も12月には必ず描いてまいりましたサンタさんですが、何度描きましてもこのキャラクターは描くのが楽しゅうございます。今回も突貫工事で(古い言い方)それなりに楽しく仕事させていただきました。ところが、数ヶ月前から続けておりましたオススメ・ミュージック、先月早々とクリスマスソングを挙げたものですから今月のネタが何にも思い浮かびません。残念ですが今回はパスさせていただきます。悪しからず!!

さて、最近ようやく朝晩は寒くなって冬らしくなってまいりました。まだ、この善通寺ではインフルエンザの目立った発生は見られておりませんが、風邪引きさんはかなり増えてまいりました。ここ数年、冬になりましても昼間はやや暖かいのですが、朝晩は急に気温が下がるという「寒暖の差」を強く感じます。こういう時には体調を崩しやすく風邪を引きやすくなりますので、特別な警戒や防御が必要となります。「栄養」「睡眠」「保温」は最も大切な「三種の神器」あっ! この例えは正しくないと思いますので改めまして重要な三つの要素「Three Elements」としておきましょう。この三つのお約束を忘れずに過ごしていく事で強い免疫力を保ち、たとえ罹患したとしても軽症で済むという大きな結果が得られるはずです。もしこれに追加するとすれば「人混みに近づかない」そして「予防注射」これでブルース・ウィリス主演の「The Fifth Element」の完成です。って何のこっちゃ?  とにかく、これからますます寒くなってまいりますので十分注意してお過ごし下さい。

あっ、そうそう。私事で申し訳ございませんが、11月28日に三豊総合病院で循環器内科医をしております息子に男の子が誕生いたしました。初孫でございまして、以前までは見た目がジジイが正真正銘身体の芯までジジイとなりました。そこで孫には何と呼ばせようかとつまらぬ事を考えておりまして、「じいじ」「グランパ」「じっさま」「おじいさま」どれもピンときませんでしたので「GG」と書いて「じいじ」これでいきます。Great Grand Fatherのつもりの全く勝手な自己満足であります。先の「じいじ」ではありません「GG」であります。

まあ、皆さんにはどうでもいい話をしてしまいましたが、今年最後の月です。頑張っていきましょう。そして「良いお年を!」

Read Full Post »

サンタさん「そろそろ出番ですよ!」という事で、今月のイラストは、お目覚めのサンタクロースとなりました。早いもので、今年も残すところ2ヶ月となり、欧米ではすでにクリスマス商戦も始まり、町はすっかりとなっていると思われますが、11月のおすすめミュージックは、1967年発売、若き「Stevie Wonder」の素晴らしい澄んだ歌声が聞ける「Someday at Christmas」というクリスマスソングアルバムであります。またバックバンドが素晴らしく、当時の「Motown」と言えば当然、泣く子も黙る「The Funk Brothers」でした。この辺りの話はちょっとマニアック過ぎて退屈でしょうからすっ飛ばしまして、曲目は

1) Someday at Christmas 
2) Silver Bells
3) Ave Maria
4) The Little Drummer Boy
5) One little Christmas Tree
6) The Day That Love Began
7) The Christmas Song
8) Bedtime for Toys
9) Christmastime
10) Twinkle Twinkle Little Me
11) A Warm Little Home on a Hill
12) What Christmas Means to Me

と何れ劣らぬ名曲揃いでございます。お聴きになった事が無い方はぜひ一度聴いてみて下さい。いつものクリスマスのグレードが少しアップしますから !!

 

来月12月の善通寺市広報誌に掲載予定の「ドクターからのアドバイス」を投稿しましたので先んじて掲載させていただきます。原稿は782文字と制約がありましたのでここでは少しおまけを付けさせていただきました。



「医療関係者は病気にならない。何か良い薬でも使っているんではないか?」
とよく言われますが、ウイルス感染症に罹りにくいのは、
このブースター効果のおかげなのかもしれません。

それでは今月も頑張っていきましょう。

 

 

 

Read Full Post »

いよいよ今年も残り僅か! もう10月となりました。食欲の秋です。やや涼しく感じられるようになってまいりましたので食欲も増してまいりますが食べ過ぎには十分にご注意ください。

今月の名曲はベタですが「枯葉」英題でAutumn Leaves を紹介しましょうか。これは、1945年にジョゼフ・コズマが作曲し1940年代末から1950年代にかけシャンソンとして広まった世界的にも有名なスタンダード曲です。その後アメリカに渡り以前にも紹介しました「II-V」というコード進行のJAZZの超スタンダードとなりました。あまりにも有名な曲ですから多くのミュージシャンが演っておりますが、やはり外せないのは「Cannonball Adderley」クレジットの「Miles Davis」との共演の一曲でウッドベースから始まる有名なイントロが見事な哀愁曲であります。

話は変わりますが、「ラグビーワールドカップ」盛り上がってますネ !特に世界ランキング2位のアイルランドとの試合は痺れました。まさか勝つとは思っていなかったので(失礼!)。Japanが勝つ事を信じていなかったそんな私が簡単にこの勝利を喜んでは失礼かとは思いますが、とても素晴らしいファンタステックなゲームでありました。単純に「ラッキー!」とは言わせない素晴らしいディフェンスとアタックでもぎ取った世界に誇れる勝ち点でした。本来ならば正座でもして拝見すべき試合でしたが、私の場合は不謹慎にもソファーに横になり、まさに一人ラック状態での観戦で、ゲーム中のモールやラック、スクラム。タックルと人が絡むシーン特にゴール前では私の身体はよじれ、筋肉には必要以上の力が入り何度も足がつりますので、その度に私自身のゲームの中断を余儀なくされました。また、ノーサイド後はアドレナリンの出過ぎでしょうか、どっぷりと疲れ切り、ひょっとして(そんな筈はある訳もありませんが)選手より筋肉疲労も含めて疲れていたのではないか?とちょっと思ってしまいました。(次のゲームは恐らくリザーブからの観戦になると思われます。)また、各地で各国チームや国内外のサポーターの色々と「良い話」が聞こえてまいりますが、これは本当に私にとっては心地の良いもので、ネットで見つけては一人悦に入っております。しかし、今の状態を見ますと本当に優勝も夢では無い気がしてまいります。「応援しましょう!」

9月末から色々な所でインフルエンザが流行しております。こんなに早くから流行は非常に珍しい事で10月からのワクチンもこれには間に合わなかったようですが、インフルエンザはこれからが本番!!  ワクチン接種も含めまして感染の予防を心がけてください。当医院では10月1日から予防接種の予約を開始いたします。

それでは今月も頑張っていきましょう!!

 

 

Read Full Post »

夏真っ盛り! 8月です。

梅雨もようやく明けまして、夏真っ盛りであります。しかし、讃岐の夏は蒸します。先日ベトナムの青年が片頭痛を訴え来院されましたが、彼曰く「この湿度にやられました。」との事 ! 「えっ ?  そりゃベトナムの方が湿度は高いでしょう ?」と聞き返しましたら「いやいや、この蒸し暑さはベトナム以上、普通では無い !」と申しておりました。これにはちょっと驚かされましたが、いよいよ日本も熱帯化か ?

 

そこでこんな季節の休日には、クーラーの効いた涼しい部屋でカリカリに冷やしたジンジャーエールを一杯  !

私のお勧めのミュージックは少しマニアックですが1976年鈴木慶一とムーンライダースのデビューアルバム「火の玉ボーイ」の5曲目「午後のレディ」で決まりです。もう少しポピュラーなところでは、ハワイ伝説のシンガー「IZ(イズラエル)」の「虹の彼方へ(Over the Rainbow)」でワイキキに想いを馳せるというのも手ですが、それならもっと暑く「Third World」の「Cool Meditation」とレゲーでいくというのもなかなかかと思います。

ところでジンジャーエールはフランスのシャンパンに惹かれたカナダ人の男性が、「アルコールの無いシャンパン」として開発したものって知ってました? ですからなかなかお洒落な飲み物なのです。ショウガといえば体を温める効果で有名ですが、これは「ショウガオール」という成分によるもので、体を温めて血行を促進させ、糖や脂肪の分解を促進してくれるのでダイエット効果があると言われています。同時に、白血球を増やして体の免疫力を高めてくれるので風邪の予防や生薬としても優秀らしいです。しかしこれはあくまで生ショウガから自作しての効果で、「ハチミツ」は特にミネラルやビタミンが多く、美容健康にもおすすめですし、「黒砂糖」には血糖値や中性脂肪の生成を抑える効果があるとの事ですから、ぜひそれらを使用した自家製ジンジャエールをお勧めします。

 

ところで、もう一つ ! 夏と言えば「生ビール」ですが、お酒はアルコール濃度の低いものから飲んだ方が酔いも回りにくく、肝臓への負担も軽いようです。「とりあえずビール ! 」はお勧めです。ただし、脱水症に対する水分補給の意味でのアルコール摂取はダメなのです。アルコールは利尿作用があり逆に脱水を助長する事もありますのでご注意を !

それでは今月も頑張っていきましょう !

 

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »