Archive for the ‘イラスト’ Category

皆さん明けましておめでとうございます。今年は戌年。うちの二頭の大型犬「フラットコーテッド・レトリバー(フラッティー)」と「エアデール・テリア」も大活躍の予感?・・・かな?

フラッティーはその名の通り、物を咥えては池でも川でも平気で運んでくる犬・・・・のはずが、うちのフラッティーときたら水の前では急ブレーキがかかり座り込む始末。物を投げても一回でキャッチ出来ず、咥えたかと思ったら今度は頂戴が出来ない。「何処がレトリバーじゃ〜い! 」と一ヶ月に数回は叫んでおります。名前は「ヒース」と言いまして体重は42kgもありますが、まぁのんびりした可愛い奴です。

エアデールと言えば体重28kgのテリアの中で一番巨大な犬種で性格は実にマイペース、プライドが高く一般の犬の様に媚びません! 「来い!」と言っても知らん顔ですし、こちらがそばに寄って行くと露骨に嫌な顔をします。また、こいつも大の水嫌いで雨の日には死んでも外でオシッコをしません。雨の日の寝る前のオシッコ時には毎回「膀胱が破裂しても知らんぞ〜!」と怒鳴ってゲージに押し込んでおります。名前は「バートン」と言います。

さてひと通りのウザイ愛犬自慢が終わりました所で、まず第一のエピソード!!  実は「森医院」今年めでたく60周年つまり還暦を迎えます。この事は昨年師走に入ってから我々も気がついたのでありますが、昭和33年この地で呉服商「西かめや」の一人息子、先代の亡き父「周造」が内科・小児科・放射線科「森医院」を開業し26年間地域医療に携わって参りましたが、残念なことに昭和58年に突然往診中の交通事故で父が亡くなり、私が2代目としてこの医院を引き継ぐ事となりました。その後、平成5年に法人化で「医療法人社団 森医院」となり、平成11年には時代の流れで医薬分業の道を選択いたしまして早数十年、いや〜っ!考えてみればアッと言う間のヒストリーでございました。

さてさて続きましては、その勢いで「60周年記念オリジナル卓上カレンダー」を製作いたしました。1996年(平成8年)7月より院内報「Medical News Forest」として私オリジナルのイラストが挿入されました新聞を気の向くままに季刊誌のぺースで発行しておりましたが、2012年(平成24年)11月に待望のホームページを開設。ついには2013年(平成25年)1月の巳年のイラストから()とあい変わりました。実はこのカラー化には娘の強力なサポートがあればこそ(少しおだてとかないとうるさいので)でありまして、背景のカラーリング等はほとんどお任せしている状態です。

で、その5年間のイラストも何品か溜まって参りましたのでお気に入り(実に個人的な)の作品を使用したカレンダーを調子に乗って製作した訳でございます。これは昨年末から皆様に否応無く強制的にお配りしておりますが、まだ手に入れていない方で「貰ってやってもいい」という奇特な方がおられましたらお気軽に院長、もしくは受付にお申しつけ下さい。

12月の中旬には感染性胃腸炎(嘔吐下痢症)が流行り、いよいよ暮れになりましてからインフルエンザが流行って参りました。現在B型がやや優勢な感じではありますが勿論A型も出てきておりますので気を付け下さい。予防には「手洗い」が有効な様ですが、勿論外出後の「うがい」も忘れずに!!

それでは今年も皆さま頑張っていきましょう。

Read Full Post »

25日のクリスマスを364日間お待ちかねの皆様、今年のサンタはいつもの赤いコートではなく、ちょっと英国紳士を気取ってカーキー色のカーコートと洒落てみました。と言う事は当然オープンカーで風邪にも負けず颯爽とという訳でございます。しかし本当に一年てアッと言う間に過ぎるものなんですね ! 今年も色んな事がございました。長雨で涼しいと思われた夏が過ぎましても暑さはなかなか治らず、秋の終わりに急に寒くなりだして突然コートが必要となり、天高く馬肥ゆる秋とは名ばかりの台風の連続襲来でいつもの秋晴れも見る事が出来なかったように思います。本当に四季の移変りが無くなるようで何だか地球全体の異常気象が少しばかり気になっております。

今年のインフルエンザのワクチンに関しましては、皆様に大変ご迷惑をおかけいたしておりますが、とにかくワクチンの需要が予想外に多く、全く供給が間に合っておりません。そのため今回予約制といたしまして混雑を緩和いたしておりますので、どうか宜しくご理解お願いいたします。ただ、善通寺ではインフルエンザの発生が現在の所あまり目立ってはおりません。高松で学級閉鎖という声を聞きますので、これからは注意が必要と思われます。うがい、手洗い等の予防をお願いします。それでは今年最後の月も頑張っていきましょう。

Read Full Post »

今回は、今まであまりにもベタなので手をつけなかった「ハロウィン」の登場です。Halloweenとは毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことでありまして、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったとの事です。英語圏では、子供たちが「Trick or Treat(ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ)」と唱えながら家々を訪ね、菓子を集めて回る習慣があるのですが、 アメリカなどのでは仮装することが流行っておりまして、日本でもその流行をもれなく頂戴している様であります。バレンタインデー同様今まで見向きもされなかったこのハロウィンも我が国のお菓子業界が企んだ?(言い方が悪うございますが)という説でございますが、信じるか?信じないか?はあなた次第!!

さて、朝晩と涼しくなってまいりました。季節の変わり目で身体のコンディション調節も難しく、アレルギー疾患の悪化や風邪もひきやすくなっております。くれぐれもお気をつけて今月も頑張っていきましょう。

今月からはインフルエンザの予防接種も始まります。この予防接種に事前の予約は必要ありませんので12月までには接種しておくのが宜しいかと思われます。

Read Full Post »

9月です。もう秋の予感!

今回、新しい手法で墨での和風ベタ塗りに挑戦しましたが見事失敗いたしました。今回も前回同様、皆様のあったかい目が必要となりますので、そこの所なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、これから季節が変わってまいります。朝夕は若干涼しくなってきたようにも感じられますので、暑い環境に慣らされた身体に変化が出てくるやもしれません。ただ、今は「食欲の秋」しっかりと食べて体力をつけて頑張りましょう。美味しい物が沢山出てきますよ!  きのこ秋刀魚その他色々!  しかし、いくら美味しいからって食べ過ぎには十分に注意して下さいネ!

きのこで思い出しましたが、最近「ハツタケ」て見かけませんが、どこに隠れているんでしょうか? 個人的な話で申し訳無いのですが、私、あの「ハツタケ」の佃煮に暖かいご飯かお茶漬けが大好きでして、毎年探してはいるんですがお目にかかることはできません。これもきっと地球環境の変化のせいでしょうか? 大事な物も大好きな物も少しづつ失っていくような・・・・。ここは一つ「大好きな人や物、大切な人や物のため地球環境を守って行きましょう!」って小ちゃなハツタケから大きな社会問題にまで発展させまして失礼いたしました。

それでは今月も健康で頑張っていきましょう!

Read Full Post »

まず初めにイラストの塗りムラ、申し訳ございません。言い訳をさせて頂くならば、このペインティングにはサインペン様の塗料(ペン)を使用しているため、広い範囲のベタ塗りでは時間差によってムラが出てまいります。それがこの作品の失敗箇所でございまして、お許しいただける様でしたらこれもまた手作りの「味」という事で暖かい真夏の様な目で見ていただければ「ありがたき幸せ」でございます。

さて皆様はAmericans Cupというヨットレースをご存知でしょうか?  1851年、イギリス・ロンドンで開催された第一回万国博覧会の記念行事としてワイト島一周レースに端を発します。このレースにアメリカからただ1艇参加した「アメリカ」号が優勝し、ビクトリア女王から下賜された銀製の水差し状のカップを自国に持ち帰り、その為、このカップは「アメリカ」号のカップ、すなわち”アメリカズカップ”と呼ばれることとなったのです。その後「アメリカ」号のオーナー達は、「カップの保持者は、いかなる国の挑戦も受けねばならない」ということを記し、これに基づき1870年第1回「アメリカズカップ」が開催され、現在に至っているわけであります。現在のこのレースのヨットは双胴船(カタマラン)となりハイテクのボディーと帆を持ちダガーボードなるフィンで海面を浮かんで飛んで行きます。今回のイラストはそれをもじったスイカのカタマランであります。アイデアはなかなかと思ったのですが着色で・・・・・・残念!

早いものでもう8月。今年も後半戦へとなだれ込んでまいりました。毎日ムシムシと暑い日が続いておりますので熱中脱水症には十分に気を付けてお過ごしください。同時に7月から夏風邪が流行っておりますので油断しませんよう今月も頑張っていきましょう。

Read Full Post »

IMG-2

今月のイラストは娘が色を付けてくれませんでしたので、自分で塗りました。「色が荒い!」

これから梅雨が明ければ本格的サマーの到来であります。巷では梅雨明けを待たずして手足口病等の夏風邪が流行っております。実は今月末に発行予定の善通寺市広報8月号で「夏風邪」と題しまして執筆させていただいたのですが、このままいきますと発行時には流行遅れも考えられますのでここで一足お先に掲載させていただきます。

夏風邪

例年6月から8月にピークを迎える、手足口病ヘルパンギーナプール熱(咽頭結膜熱)を三大 夏風邪と呼びます。  一般に夏風邪は、突然の高熱と胃腸症状が強く 出ることが特徴となりますが、この三大夏風邪に は少し特徴的な症状が現れます。

手足口病       口の中や手のひら、足の裏などに小さな水疱性の 発疹が出現。

ヘルパンギーナ    突然の発熱とともに喉の奥の発赤と炎症。

プール熱       咽頭炎と結膜炎それに発熱。

夏風邪の多くは「エンテロ」「アデノ」「コク サッキー」といったウイルスが原因で引き起こさ れますので、細菌をやっつける抗生物質も効きま せんし、インフルエンザのような特効薬もなく、 回復のためには、対症療法で和らげながら、免疫 によるウイルスの排出を待つしかないのです。し かし、そのウイルスのほとんどがお腹の中で増殖 するため、体外への排出が冬の風邪ウイルスより も遅いという問題もあり、暑さによる体力低下や 食欲不振を起こしやすいこの時期にはウイルスが 感染しやすく、体力や免疫が落ちていると排出も 遅れてしまい、そのため、長引いてしまう事が多 いのです。また通常、腸にいるウイルスを全て排 出するにはひと月くらいかかると言われています ので、たとえ症状が治ったとしても注意が必要で す。夏風邪を予防するには、日頃から免疫力を上 げておく必要があります。それでも、かかってし まった場合には、睡眠、安静、栄養が何よりの特 効薬となるでしょう。また、発熱や下痢などによ り脱水症状が起こりやすいので、水分補給もしっ かり行う事が肝心です。

・・・・・といった内容です。それでは皆様、この猛暑に負けませんよう睡眠栄養水分補給を十分にとって頑張っていきましょう!!

Read Full Post »

いや〜っ! びっくりするくらい暑くなりました。まだ梅雨前ですよ!  しかし、こんなに暑くても風邪は引くようで、そろそろ夏風邪がお目見え。先日も大人の方で見事な手足口病が来院されました。メディアでは最早かなり流行ってきているみたいで、これには十分な警戒と予防が必要と思われます。子供さんの三大夏風邪と言えば  1) 手足口病  2)  ヘルパンギーナ  3)  咽頭結膜熱(プール熱)でありますが、いずれもウイルス感染症でありますし、インフルエンザと違って特効薬もございません。安静、栄養が最大の薬と考えられます。また「暑い暑い」と言いながらこれから梅雨に突入しましたら、突然涼しい風が吹き抜けて五月病で弱っている貴方を激しく揺さぶるかもしれません。くれぐれもお気をつけあそばせ!! それでは今月も頑張ってまいりましょう。

Read Full Post »

Older Posts »